シャンプー後の保湿

洗顔した後は、皮脂が減っていますから、あんまり洗浄力が安い石鹸などを使ったとしても、少なく保湿して下さい。毛孔が開いたままでは、またそこに不衛生が入り込みますし、乾燥してしまうので、皮脂をとりどり分泌してしまう。

皮脂は、表皮が乾燥している時にとりどり分泌されます。他にも原因はありますが、ドライしないようにください。なるたけ洗顔後は1当たりでも1秒でも手早く保湿することがポイントです。メイク水をお風呂場にとって行くくらいでも良いでしょう。一気にメイク水を付けて、表皮にはがっちり潤いを加えましょう。

いちご鼻が気になっている者は、これくらいやった方が良いです。顔の中でも最も鼻がドライしやすいでしょう。すると、毛孔からつぎつぎ皮脂が分泌されるから、いちご鼻を解消できないという行き詰まりに陥っている。

メイクでごまかしたりしないためにも、流しすぎず、湿気を保つことをキーポイントとして下さい。そうすれば、絶えず悩んでいたいちご鼻が解消されるかもしれません。鏡をとことん見てみると、洗顔先々は毛孔が綺麗になっていませんか。しばらくすると黒いつぶつぶが際立つようであれば、湿気が足りていません。一層鼻を中心に保湿して下さい。続きを読む